法学的検証

今日世界には1200万もの商標が存在し、他のブランドと競合しないオリジナルな商標を考案することが、非常に重要になっています。

 

弊社ではINPI(フランス特許庁)のデータベースを元に事前にフィルタリングし、同一名称の確認を行います。最終的な名称決定の前段階としてショートリストを作成し、国内外における商標登録の可能性を検証しています。

 

弊社では国内、地域、国際と様々なレベルで商標登録のサポートをさせていただいております。

 

煩雑な法手続きの安心サポート

差止請求手続き

商標法専門の弁護士や工業所有権コンサルタント、会社法の法学者が商標登録の差止請求手続きに必要な書類の作成等お手伝いいたします。

 

商標間の類似性を証明する為、言語学および記号学的な検証を行い、差止手続きで重要となる弁論、論証の根拠といたします。こうした専門性を元に、商標の比較分析を行い、相手方の主張を予測したうえで論拠を確立して参ります。

 

"記号学、言語学の専門家集団によるサポートは
差止手続きの勝率を格段に高めます。

文化的検証

事前に作成したショートリストに基づいた言語学的検証の後、ターゲット言語においてネガティブな暗示的意味や意図しないメッセージ(平俗的表現、罵詈雑言、本来の意と逆の意味)を受け手に与えないかという文化的検証を行います。

 

企業と消費者をつなぐ重要なメッセンジャーであるブランドアイデンティティには、プロによるオーダーメイド品質を。

記号学的検証

市場動向を調査し、それに対応した、もしくはそれと差別化を図った商品を企画する為に、画像や映像(プレスやテレビ向け広告キャンペーン)、製品(香水瓶、自動車等)の非言語的特徴について記号学的検証をご提案しています。

コミュニケーション検証

企業内外への情報発信を最適化する為、語彙統計、統辞論や句読法の検証、文全体として一貫性が保たれているか、伝えたいことを説得力をもって伝えられているかという基調検証などを通して、コミュニケーションツール(社内報、月報、代表メッセージ、インターネットサイト等)の分析を行っております。明瞭な分析結果報告、改善案のご提案、必要に応じて編集のお手伝いもいたします。また、企業外(プレス、公共団体、ネット利用者等)に向けた情報発信についてもサポートを行っています。